大倉桃山コースのガイドレポート

2019年
06月30日

大府中学生平和大使一行様大倉公園防空壕をガイド

本日、6月30日(日曜日)午前10時40~11時40分に、

大府中学生平和大使8名さんを防空壕の案内をしました。

はじめは、大府歴史民俗資料館に集合しました。

資料館では、阪野会長より、太平洋戦争当時8歳~9歳で、

戦争の恐ろしさを体験した事の説明をしました。

次に休憩棟防空壕へ移動しました。

防空壕は太平洋戦争中、戦禍からのがれるために、

加治慶之助さん(株式会社名機製作所初代社長)が、

大倉別荘地一帯を購入し、昭和19年に造られたとされる、

鉄筋コンクリート造りの防空壕です。
出入口は、休憩棟の床下あり。その規模は、高さ2.45m、

東西4.1m、南北2.2m、その広さは約9.02㎡で、

天井には換気用のパイプ跡があり、パイプは地上に突き出ている。

大府市内はもちろん、愛知県内でも現存する個人住宅の、

防空壕として珍しいものですと説明しました。

中学生大使の方は防空壕見学は初めてで驚いていた。

防空壕のなかは涼しい、床や壁が濡れているとのは・・・と、

質問も出ました。

以上計画どうり、1時間で案内できました。

中学生大使の皆様、ご訪問有難うございました。